横浜市青葉区のクロダ矯正歯科|歯並び・咬み合わせなど歯列矯正の専門医

Tel:045-902-2020 〒225-0011
横浜市青葉区あざみ野2-9-5吉春ビル1F
自立支援指定医療機関(育成・更正医療)

矯正装置を外した後のこと

保定装置・リテーナーについて

ブラケットなどの装置を外すことになっても治療はそこで終わりではありません。
きれいにそろったようにみえる歯ですがまだ完全に固定されておらず、そのまま放っておくと元の悪い歯並びに戻ろうとします。
そこで、装置を外してしばらくは保定のための装置(リテーナー)を使用して、きれいな歯並びを支える骨がしっかりするまでサポートします。

リテーナーの使い方やつける時間などは、歯科衛生士が詳しく説明します。リテーナーをつける時間はきちんと守りましょう。どうしても出来ないときはご相談下さいね。せっかく手に入れたきれいな歯並びです。最後までがんばりましょう。

リテーナーにはいろいろな種類があります。治療前の歯並びの状態や生活スタイルなどによって決定します。

取り外しの出来るタイプの保定装置保定装置 リテーナー
指示された装着時間を守って下さい。食事のときや歯磨きのときは外します。
歯に固定するタイプの保定装置保定装置 フィックス
歯の裏側に接着剤で固定します。汚れがたまりやすいので歯磨きをしっかりやりましょう。

こんな時には?

保定装置(リテーナー)が壊れたら?外れたら?失くしたら?

早めに医院に連絡を下さい。リテーナーをせずに放置すると、せっかく移動した歯があともどりしてしまいます。修理の可能なものは修理し、修理が不可能な場合は、歯型を取って新しいリテーナーを再製作する必要があります。

食事や歯磨きの時、リテーナーをはずしたら?

リテーナーをはずしたら、絶対にティッシュにつつんだり、ハンカチに包んでそのままポケットに入れたりしないで下さい。間違って捨てられたり、壊れたりする原因になります。

ビタミンママ
→ 当院掲載ページへ

ドクターズファイル
→ 当院掲載ページへ.

↑ PAGE TOP