横浜市青葉区のクロダ矯正歯科|歯並び・咬み合わせなど歯列矯正の専門医

Tel:045-902-2020 〒225-0011
横浜市青葉区あざみ野2-9-5吉春ビル1F
自立支援指定医療機関(育成・更正医療)

矯正治療中の歯磨きについて

矯正治療中はブラケットなどがついているので磨く場所が増え、歯磨きに時間がかかります。 歯ブラシの他にいろいろなグッズを利用して、ていねいにじっくりと汚れを落としましょう。 また、染め出し液を使うと磨けていないところが一目でわかって便利です。

ブラケットがついていると特に下の絵の赤い部分の汚れが落としにくくなります。特に時間をかけて磨き方を工夫して磨いてみましょう!
矯正中に磨き残しのできやすいところです
ブラケットのまわり ブラケット周りの磨き方
特に汚れがつきやすいブラケットのまわりは、歯に対して45°の角度で歯ブラシをあてて磨きます。
毛先の細い歯ブラシがおすすめです。
ワイヤーの下の歯と歯の間矯正治療中の歯のみがき方
ワイヤーの下の歯と歯の間は歯ブラシをたてに使うと磨きやすくなります。
矯正治療中の歯磨き
矯正中の歯みがき
また、歯ブラシだけで落としにくいところは歯間ブラシやデンタルフロス・ワンタフトブラシも使ってみましょう。
歯の歯肉の境目歯と歯肉の境目の磨き方
歯と歯肉の境目は歯ブラシを少し斜めにして歯と歯肉の間の溝(歯肉溝)にも毛先を入れて磨くようにしましょう。
歯肉炎や歯槽膿漏の予防にもなります。

ビタミンママ
→ 当院掲載ページへ

ドクターズファイル
→ 当院掲載ページへ.

↑ PAGE TOP